真顔で下ネタ言いまくる女と会ってその日に…

投稿日:

自分は東京で働く27歳の会社員。

恋人がいるわけでもなく毎日が家と会社の往復で退屈していました。

学生時代はそこそこ遊んでいましたが、クラブや街中でナンパをしていたわけでもないので社会人になってからそういった遊びは減りました。

ただ悶々としているのは変わらず、思い切って「ハッピーメール」という出会い系を登録し、無数の女性にアタック。

日本では出会い系を良しとしない風潮がある為、特に慎重になる必要もないかと思い、最初から欲望全開で会話をしていますが、なかなかいい反応はない。

そんな中、自分の趣味と全く同じ趣味の女性が声をかけてくれました。

その子はA子さんといい、とても丁寧口調の方でした。会話は必然的にお互いの趣味の話で会話は弾み、何日かやりとりをしていました。

ある日、自分は「セフレ探しでこのアプリをやっている」と伝えるとA子さんも同じような目的だったらしい。同じ趣味を持っていて、お互い同じ目的でアプリをやっているなら会わない理由はないとなり、LINEを交換し日程を合わせて会うことになりました。

当日、昼過ぎから新宿で待ち合わせ。事前に写真はもらっていたが特別かわいいわけでも不細工なわけでもなかった。時間になりA子さんと合流。写真で見た通りのルックスでした。最初は緊張するということなので、近くのカフェで多少会話をすることになりました。(元々お互い会ってみて気乗りしなかったらお茶して帰ろうということにしていた)カフェに入り、事情聴取のようにお互いのことを聞き合いました。

話していくとお互い段々と分かり合えていきました。

だが、A子さんは出会い系サイト内でもLINEでも丁寧口調だったので、直接対峙してもそれは変わらなかったし表情も一つ変えない。ただ、真顔で丁寧口調でえぐい下ネタをバンバン口にする不思議なタイプでした。

そして意気投合し速攻でホテルへ行きました。相性もよく定期的に会うことになりその日は解散。今でも関係は続いてます。

今回の体験談のハッピーメールの公式サイトはこちら

-エロい体験談

Copyright© マッチング Loving , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.